河津さくらまつり
2013/3/10



河津さくらまつりは2度目です。
前回はちょっと早過ぎて、まだ、桜が二〜三分咲きでしが、今回はばっちりのタイミングでした。
川岸を桜色に染め上げて続く桜並木は見事で、十分に楽しむことができました。
また、菜の花の黄色がそれにアクセントを添えていました。



菜の花との色の対比が美しい



カワヅザクラのトンネルの横で菜の花も満開で、ピンクと黄色の対比がきれいです。
菜の花は、川の土手にも植えられていて、カワヅザクラを引き立てています。


桜のトンネルを満喫



場所によっては、両側からカワヅザクラが迫り出してトンネルをつくっています。
多くの場所では、カワヅザクラと向き合って出店が軒を並べていて、いろいろと食べ歩きもできます。


川沿いを彩るカワヅザクラと菜の花

河原に降りたり、橋の上からは、両岸を彩るカワヅザクラが満喫できます。



この写真は、河原に降りて上流側を撮ったものです。
見えている赤い橋は豊泉橋です。



この写真は、豊泉橋の上から上流側を撮ったものです。
両岸にカワヅザクラ咲き誇っていました。



この写真は、さらに上流の方で撮ったものです。
カワヅザクラと根元の菜の花のコレボレーションです。



反対側の斜面では、黄色い菜の花と白い水仙、ピンクのカワヅザクラが共演していました。




河津桜の原木


2011/2/19
河津町の飯田氏宅の庭にあるカワヅザクラの原木です。
1955年頃、偶然河津川沿いの雑草の中に見つけた桜の苗が、この原木です。
樹齢は約60年、樹高約10m、幹周りは1.15mで、毎年花を付けています。