更新:2016/6/29

三溪園

三溪園は、横浜の本牧ふ頭近くにある日本庭園です。
製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家「原三溪」が、明治時代末から大正時代にかけて作り上げました。
その広さは175,000uあり、明治39年に一般公開された外苑と、私庭とした内苑からなります。
その中には、京都や鎌倉などから移築された17棟の古建築が配されています。
三溪は、芸術家や文学者などの文化人と広く交流を持ったことでも知られています。
そのため、三溪園は美術・文学・茶の湯など近代日本文化の一端を育んだ場所でもあります。
三溪園自身も学術上でも芸術上でも優れた所であると、平成19(2007)年に国の名勝に指定されています。


三溪園 インデックス
春の三溪園 桜の頃
夏の三渓園 蓮の頃


春の三溪園 桜の頃 2013/3/24

春の三溪園の詳細は、別ページににまとめました。下記は抜粋になります。
詳しくご覧になりたい方は、どうぞこちらをご覧ください。



正門を入って直ぐの所にある大池。そのほとりから大池越しに見える旧燈明寺三重の塔です。
大池に迫り出すように咲くソメイヨシノも見事で、お気に入りの風景の1つです。



大池の中にある小島にある涵花亭。その周りには見事な松が植えられています。
桜の木がまだ迫力不足ですが、松と同じくらいになると見事なコントラストを見せてくれるでしょう。



涵花亭のある島の松と対岸にある桜です。上の写真の桜の木が大きくなるとこんな感じでしょうか。
ちなみにこの桜は、最初の写真の桜の木を反対側から見ているものです。

ページトップへ戻る



夏の三溪園 蓮の頃 2016/7/23

夏の三溪園の様子は、別ページににまとめました。下記は抜粋になります。
詳しくご覧になりたい方は、どうぞこちらをご覧ください。

 

正門を入って直ぐの所にある大池。大池と通路を挟んで反対側にあるのが蓮池です。
観蓮会の時には、蓮池の中に入れるようになっていて、池の縁から蓮の花越しに旧燈明寺三重塔が望めます。
残念ながら、両方がうまく入るポジションが限られ、良い感じの花がなかったのは残念です。
この日は、NHKの取材が入っており、ライブで放送されたようです(後で放送を見たと聞きました)。

 

蓮池の隣にある睡蓮池は、まだ、ちょっと時期が早いのか、花数は極わずかです。
そのため、ご覧の通り、一面が葉っぱだらけで、花を探すのが大変な状況でした。
きっと花の盛りになると、たくさんの花が見られるものと思います。

 

旧燈明寺三重塔から大池越しに見た蓮池です。池の周りにたくさんの人出が見られます。
通常の開園時間は9時ですから、この写真を撮った7:43を考えれば、人が多いと思います。
右は、定番の大池越しの旧燈明寺三重塔です。春と違って、静かなたたずまいです。

ページトップへ戻る
旅の見聞録へ戻る
ホームへ戻る




掲載している画像は、全てオリジナル画像です。したがって、その著作権は、kazに帰属します。
画像の使用については、非公開で個人使用の範囲においてのみ、その使用を許可いたします。
また、当サイトのリンクについてはフリーです。
ただし、サイト内のページ構成は予告なく変更する場合がありますので、トップページへのリンクをお願いします。

お問い合わせはこちらからお願いします。